ホーム > 新着情報 > JA子どもフェスタを開催

2020年12月21日   JA子どもフェスタを開催

 JA鳥取県中央会は12月5日、琴浦町で「JA子どもフェスタ」を開き、第56回わかば作文・図画コンクールとJA共済鳥取県小・中学生第64回書道・第43回交通安全ポスターコンクールの受賞者を表彰した。コロナ禍で延期となっていた、県畜産ふれあい祭家畜の絵コンクールの表彰も行った。

 中央会の栗原隆政会長は「食料の大切さや収穫することの楽しさ、家族の絆の大切さを大いに感じ取り、生きる力を育んで欲しい」と挨拶。
 今年度は、コロナ禍で学校の休校措置や夏休みの短縮などがあったが、わかばの作文部門については県内51校から217点、図画部門は、84校より416点の作品の応募があった。昨年より、両部門合わせて134点、44校増えた。
 表彰状と副賞のほか、受賞者全員に大山乳業農協の大山バターケーキや白バラオリジナル文房具などが手渡された。
 コンクールの最優秀賞、特別賞は次の通り。

◇わかば作文・図画コンクール最優秀賞(県知事賞)
 ▽作文の部=中村沙葉(八頭町立郡家東小学校2年)
 ▽図画の部=井上芽美(鳥取市立宮ノ下小学校6年)

◇JA共済鳥取県小・中学生第64回書道・第43回交通安全ポスターコンクール特別賞(県知事賞)
 ▽書道・半紙の部=宮木菜乃(米子市立福米東小3年)
 ▽書道・条幅の部=堀口すみれ(米子市立淀江中1年)
 ▽交通安全ポスターの部=𠮷川桃李(米子市立箕蚊屋小2年)

◇県畜産ふれあい祭家畜の絵コンクール最優秀賞
 ▽荒金優悟(倉吉市立社小学校4年)

挨拶をする中央会の栗原会長(5日、琴浦町で)

«新着情報 一覧へ

このページの上へ