ホーム > プレゼント > これまでのプレゼントのご紹介

提供テレビ番組

2月のプレゼント

 JAグループ鳥取のホームページでは、日本海新聞掲載「鳥取あぐりヌーヴォー」と連動してアンケートに回答いただいた方の中から抽選で県産の賞品をプレゼントします。

日本海新聞掲載企画「鳥取あぐりヌーヴォー」ページはこちら

【プレゼント紹介】

 今月のプレゼントは、「鳥取和牛詰め合わせセット(バラ・モモ)」です。

11月のプレゼント

 JAグループ鳥取のホームページでは、日本海新聞掲載「鳥取あぐりヌーヴォー」と連動してアンケートに回答いただいた方の中から抽選で県産の賞品をプレゼントします。

日本海新聞掲載企画「鳥取あぐりヌーヴォー」ページはこちら

【プレゼント紹介】

 今月のプレゼントは、「鳥取県産米(きぬむすめ)10キロ」です。

2月のプレゼント

 JAグループ鳥取のホームページでは、日本海新聞掲載「鳥取あぐりヌーヴォー」と連動してアンケートに回答いただいた方の中から抽選で県産の賞品をプレゼントします。

日本海新聞掲載企画「鳥取あぐりヌーヴォー」ページはこちら

【プレゼント紹介】

 今月のプレゼントは、今が旬の「ハワイいちご」です。

8月のプレゼント

 JAグループ鳥取のホームページでは、日本海新聞掲載「鳥取あぐりヌーヴォー」と連動してアンケートに回答いただいた方の中から抽選で県産の賞品をプレゼントします。

日本海新聞掲載企画「鳥取あぐりヌーヴォー」ページはこちら

【プレゼント紹介】

 今月のプレゼントは、今が旬の「ピオーネ」です。

2月のプレゼント

 JAグループ鳥取のホームページでは、日本海新聞掲載「鳥取あぐりヌーヴォー」と連動してアンケートに回答いただいた方の中から抽選で県産の賞品をプレゼントします。

日本海新聞掲載企画「鳥取あぐりヌーヴォー」ページはこちら

【プレゼント紹介】

 今月のプレゼントは、今が旬の「ハワイいちご」です。

9月のプレゼント

 JAグループ鳥取のホームページでは、日本海新聞掲載「鳥取あぐりヌーヴォー」と連動してアンケートに回答いただいた方の中から抽選で県産の賞品をプレゼントします。

日本海新聞掲載企画「鳥取あぐりヌーヴォー」ページはこちら

【プレゼント紹介】

 今月のプレゼントは、今が旬の「鳥取の梨」です。

2月のプレゼント

 JAグループ鳥取のホームページでは毎月、県産農畜産物や加工品などを抽選でプレゼントしています。

 2月は、ジェラテリア・アンミラートの『鳥取の食材で作ったジェラートとっとりセット』を抽選で4名様にプレゼントします。

【プレゼント紹介】

 今月のプレゼントはジェラテリア・アンミラートの「鳥取の食材で作ったジェラートとっとりセット」です。

 大山のふもと、豊かな自然環境の中で育った牛が生み出す安全な牛乳・生クリームを使用した「ミルクジェラート」、大山・井上青輝園の薫り高い深蒸し煎茶をふんだんに使用した「煎茶ジェラート」、隠し味に北条ワインを使用した「ラム・レーズンジェラート」、糖度抜群!たっぷり果汁のジューシーな王秋を使用した「王秋シャーベット」、日光生姜をふんだんに使用した「フレッシュジンジャージェラート」、減農薬・有機栽培「わかば農法 あきひめ」のみを使用した「いちごジェラート」の6個セットです。

12月のプレゼント

 JAグループ鳥取のホームページでは毎月、県産農畜産物や加工品などを抽選でプレゼントしています。

 12月は、奥田園芸の『花でリースが作れる寄せ植えセット』を抽選で4名様にプレゼントします。

【プレゼント紹介】

 今月のプレゼントは奥田園芸の「花でリースが作れる寄せ植えセット」です。

 リース型のワイヤープランターに苗を順番に植え込むだけで、初心者の方でも簡単に作れます。

 苗は、ガーデンシクラメン、パンジー、ビオラ、アリッサムなど、冬でも元気に咲いてくれる可愛い花を奥田園芸がセレクトします。

 鉢、土、肥料、水ゴケ、花苗、植え方や管理方法の説明書など、必要な材料を全てセットにしてお届けします。

10月のプレゼント

 JAグループ鳥取のホームページでは毎月、県産農畜産物や加工品などを抽選でプレゼントしています。

 10月は、大山乳業の『ロールケーキと大福の詰め合わせ』を抽選で4名様にプレゼントします。

【プレゼント紹介】

 今月のプレゼントは大山乳業の「ロールケーキと大福の詰め合わせ」です。

 しっとり食感のスポンジでミルク風味豊かなホイップクリームを巻いた「ロールケーキ」と、生クリームを使ったホイップクリームを柔らかお餅と粒あんで包み込んだ「生クリーム大福」、抹茶風味の柔らかお餅で生クリームを使った抹茶風味のホイップクリームと粒あんを包み込んだ「生クリーム抹茶大福」、国産とちおとめを使用した苺ホイップクリームと粒あんを苺の香りの柔らかお餅で包み込んだ「苺クリーム大福」を詰め合わせたギフトセットです。

6月のプレゼント

 JAグループ鳥取のホームページでは毎月、県産農畜産物や加工品などを抽選でプレゼントしています。

 6月は、鳥取県産『極実スイカ(2L)』(1個入)を抽選で5名様にプレゼントします。

【プレゼント紹介】

<極実スイカとは…>

 極めた味!安心の手法!「極実スイカ」

 鳥取県は全国有数のスイカの産地です。中でも県中部に位置する倉吉市のみで栽培される「極実(ごくみ)スイカ」は倉吉市が誇る高級ブランドです。

 極実スイカは皮が薄く、まろやかで甘い仕上がりの食感、シャリ感がありながらもソフトな食感が特徴です。口に入れると甘い香りと一緒に溶けていくようです。

 一般的にスイカは、かんぴょうなどを台木としてスイカを接ぎ木して育てますが、極実スイカはスイカ本来の味と食感を極めるために、スイカ台木にスイカを接ぎ木して栽培しています。平成15年「極実スイカ」と命名されました。

 極実を作った圃場は5~10年間も連作障害が発生するため、毎年圃場を替え、手間を惜しまず生産しています。そのため「極実スイカ」の作付面積は倉吉全体の作付面積の1割弱しか作ることはできません。

 現在では、限定された農家で生産されています。

 この「極実スイカ」の味は、苦労した分だけの味が保証されています。まさに“極めた実”の名に恥じない、こだわり抜いたスイカです。

 「極実スイカ」を初め、旬を迎える色々な品種のスイカがJA鳥取中央で紹介されています。

○JA鳥取中央 自慢の逸品

4月のプレゼント

 JAグループ鳥取のホームページでは毎月、県産農畜産物や加工品などを抽選でプレゼントしています。

 4月は、鳥取県産米『きぬむすめ(2kg)』を抽選で10名様にプレゼントします。

【プレゼント紹介】

今回は限定パッケージでお届けします!

今回は限定パッケージでお届けします!

 今月のプレゼントは鳥取県産米の「きぬむすめ」です。

 「きぬむすめ」は、「キヌヒカリ」をお母さん、「愛知92号」をお父さんとして育成されました。お母さんの、色白で美しく、対倒状性が強いところと、お父さんの良食味品種で、病気に強いところを受け継ぎ、夏の暑さに耐えられる強いお米に成長しました。

 そんな「きぬむすめ」は、炊きあがりの白さとツヤ、粘り強く柔らかい食感、冷めても美味しいのが特徴的です。日本穀物検定協会が毎年実施する「米の食味ランキング」で平成25年度産米最高評価の「特A」を取得しています。この「特A」取得は、鳥取県内初で、中四国地区でも平成15年の島根県産コシヒカリ以来の快挙です。

<米の食味ランキングとは…>

 炊飯した白飯を実際に試食して評価する食味官能試験に基づき、昭和46年産米から毎年全国規模の産地品種について実施しています。

 食味試験のランクは、複数産地コシヒカリのブレンド米を基準米とし、これと試験対象産地品種を比較しておおむね同等のものを「A’」、基準米よりも特に良好なものを「特A」、良好なものを「A」、やや劣るものを「B」、劣るものを「B’」として評価を行い、この結果を、毎年食味ランキングとして取りまとめ、発表しています。

 (一般財団法人 日本穀物検定協会ホームページより引用)

1月のプレゼント

 JAグループ鳥取のホームページでは毎月、県産農畜産物や加工品などを抽選でプレゼントしています。

 1月のプレゼントは、ご当地アイドルが唄う『おいしい鳥取 笑顔宅配便/民神 松田勘右衛門~因伯民乱太平記~』のCDと家の光協会発刊の家庭園芸雑誌『やさい畑2014年春準備号』のセットを抽選で5名様にプレゼントします。

 なお、12月の“フレッシュミズ”手作り加工品ギフトセットへの応募数は、472通でした。多数のご応募ありがとうございました。

【プレゼント紹介】

 今月のプレゼントは音楽CDと雑誌のセットです。

○音楽CDについて○

 T☆Tイレブンが唄う『おいしい鳥取笑顔宅配便』は、JA代表者、県栄養士会会長ら11人で構成する、鳥取県食のアピールソング作成委員会が県産農産物を広くPRするため完成させました。歌詞は県内3JA、食の安全・安心に関係する団体から案を募りました。歌詞の中には県特産の「二十世紀」「砂丘らっきょう」「大山ブロッコリー」など18種類の農産物が登場します。

 豊かな自然環境のもと安心で安全な食材や特産品をたくさん生みだしている鳥取の魅力を発信していきたい思いで作られました。おいしくて健康的な鳥取の特産品がたくさん登場する楽しい曲になっています。

 また、このCDのカップリング曲として、『おいしい鳥取笑顔宅配便』の作詞を務めた桂木龍が唄う『民神 松田勘右衛門~因伯民乱太平記~』を収録しています。この曲は旧八東町(現八頭町)八東郡東村出身の松田勘右衛門の半生と一揆の顛末を描いた曲です。鳥取の農業の礎に一役を担った人物の歌で、次世代へと伝える曲となっています。

 楽しく聴いて、鳥取県の農産物を知っていただきたいと思います。

<T☆Tイレブンとは!?>

 鳥取をPRするオリジナルソングを歌って踊る7歳から23歳までのご当地アイドルです。鳥取県応援ソングで元気に歌って踊って鳥取県を盛り上げます!

<桂木龍とは!?>

 鳥取県大山町(旧名和町)出身の演歌歌手。作詞・作曲家の石坂まさをに師事して1993年に「夢見鶏」でデビュー。現在は、各地のイベントやディナーショー等に多数出演している。

○『やさい畑』について○

 書店にも並んでいる家の光協会発刊の、2002年に創刊された日本ではじめての家庭園芸雑誌です。この『やさい畑』は菜園生活を通じて「自然と暮らす豊かなライフスタイル」を提案する雑誌です。

 今回プレゼントする2014年春準備号には、鳥取県の直売所の地場産プラザ「わったいな」が特集で紹介されています。「わったいな」とは、鳥取県東部の方言で「おお、すごい」という意味です。鳥取県全域から野菜、果物、畜産物や加工品が集まり、一日中いても飽きません。

 鳥取県の直売所を知っていただきたくて、今月のプレゼントにしました。

12月のプレゼント

 JAグループ鳥取のホームページでは毎月、県産農畜産物や加工品などを抽選でプレゼントしています。

 12月のプレゼントは、“フレッシュミズ”手作り加工品ギフトセットを抽選で5名様にプレゼントします。

 なお、11月のとりちく美歎牛カレーへの応募数は、521通でした。多数のご応募ありがとうございました。

【プレゼント紹介】

 今月のプレゼントは、JAに集う若手女性農業者“フレッシュミズ”の皆さんが販売している加工品の詰め合わせセットです。
 畑で採れた新鮮で安全・安心な野菜やくだものを加工し、素材の味を大切にしながら丁寧に手作りで作られた加工品の数々は、季節ごとに多くの種類が、鳥取県内の直売所を中心に販売されています。

 また、県内東部から西部までの様々な地域から特別に集めましたので、このようなセット販売は県内でも行なっていません!この機会にぜひ味わって見て下さいね。

131219_01

<フレッシュミズとは!?>

 農業就業人口の約5割以上が、実は女性であることを知っていますか?農業者で組織される私たちJAでは、女性農業者が集まってグループを作り、各地域で様々な独自の活動を行なっています。

 そのグループのうち、概ね50歳以下の若い女性農業者のグループを“フレッシュミズ”と呼びます。

 鳥取県にも、女性農業者が集まり、会員数1万人を数える“JAとっとり女性協議会”が組織され、それに属するグループとして“フレッシュミズべっぴん部会”があります。家事に育児に農業にパワフルに取り組むフレッシュミズ、ご興味の有る方は是非入部してみてください!

◆フレッシュミズへの入部に関するお問い合わせ

JAグループ鳥取公式ホームページ内のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください!

<参考ページ>

◆JA女性組織について知りたい方は・・・  JA全国女性組織協議会ホームページ

◆フレッシュミズの活動について知りたい方は・・・ JA全国女性組織協議会(フレッシュミズ)facebookページ

 

~ 今回お届けするのは、以下の加工品です ~

1.砂丘らっきょう

 鳥取県東部地区からの提供です。シャリシャリとした食感がたまらない、鳥取県の代表特産物であるらっきょうを、特製の酢で漬けた逸品です。そのまま食べたり、カレーに添えたり。食べきりやすい小さめのパウチでお届けします!(加工のタイミングの関係上、サンプル写真がありません。ご了承ください)

2.焼き肉のたれ

 鳥取県中部地区からの提供です。鳥取県特産の二十世紀梨が入ったマイルドでおいしいたれは、お子様でも安心して食べられます。もちろん野菜にもぴったり。

131219_02

3.手作り味噌

 こちらも鳥取県中部地区からの提供です。 自家製大豆で仕込んだ美味しい味噌です。 手作りの味噌の美味しさを是非味わってください。

131219_03

4.二十世紀ジャム

 こちらも鳥取県中部地区からの提供。鳥取と言えば二十世紀梨で、県内には様々な加工品が販売されてますが、こちらのジャムは原材料が二十世紀梨と砂糖のみとシンプル。安全安心、手作りの美味しいジャム、まずはトーストにたっぷりつけて味わってくださいね。

131219_07

5.調味ペースト(3種類からランダム)

 鳥取県西部地区からの提供です。“地元大山町産の食材をおしゃれにおいしく!をテーマに作られた、“大山からす天狗工房”の調味ペーストです。その代表作の3品(「棒棒鶏ソース」、「食べるラー油」、「ニンニク生姜のペースト」)のうち、どれか1つを入れてお届けします。詳細は、こちらのホームページを御覧ください!

大山からす天狗工房の紹介ページ

131219_04

6.おからクッキー

 鳥取県西部地区からの提供です。西伯郡南部町で 運営される豆腐加工グループ“すぎなの会”で作られた、地元産大豆から採れたおからを使用したクッキー“こりっとおから(ゆず味)”です。

 これに同じく地元産のゆずを混ぜ込んだ、ゆず味をお届けします。ビスコッティ風に固めに焼き上げたクッキーは、小さなお子さんの歯固めクッキーとしても。食べるときの“ボリボリ”という音も楽しい逸品です。

 皆さんの沢山のご応募、お待ちしています!

131219_05

11月のプレゼント

 JAグループ鳥取のホームページでは毎月、県産農畜産物や加工品などを抽選でプレゼントしています。

 11月のプレゼントは、「米そだち美歎牛カレー」(200g×5個)を抽選で5名様にプレゼントします。

 なお、8月のJA鳥取西部の「涼月梨」への応募数は、1,034通でした。多数のご応募ありがとうございました。

【プレゼント紹介】

 今月のプレゼントは、鳥取県が誇る上質な美歎牛と、甘みが強い鳥取産白ねぎ、老舗ブランド白バラ牛乳をふんだんに使って仕込んだ贅沢なビーフカレーです。スパイシーで辛めの味付けに仕上げられた、鳥取県畜産農協の人気商品です。

130812_01

 鳥取県畜産農協は、鳥取県東部に位置し、酪農・肥育を中心に、生産から加工・流通・販売までISO22000(食品安全マネジメントシステム)による一貫した品質管理のもとで、消費者に牛肉や加工品をお届けしている畜産専門農協です。

 牛肉というと、まず鮮やかな赤身にとろけるような脂肪を散りばめた霜降り肉を思い浮かべますが、カレーに使用されている『米そだち牛』は、やや趣が異なります。口あたりが柔らかな霜降りや見た目の豪華さよりも、牛肉本来の赤身のおいしさを追求しています。

 そもそも、『米そだち牛』とは、地域のきずなと活力を育む象徴的な存在として、休耕田で生産された飼料稲や飼料米を活用した飼料で育てた牛です。

 そして、牛糞を堆肥にして水田の土づくりを行うといった、まさに農畜産業の資源を有効活用した“循環型畜産”を実現するものです。

【全国に広がる飼料稲や飼料米の取り組みの先駆けとなった米そだち牛】

 生産者と消費者が、『100年先まで続く日本の食』を一緒に考えました。

130812_01

8月のプレゼント

 JAグループ鳥取のホームページでは毎月、県産農畜産物や加工品などを抽選でプレゼントしています。

 8月のプレゼントは、JA鳥取西部「涼月梨(2.5kg箱)」を抽選で5名様にプレゼントします。

 なお、6月のJA鳥取いなばの「砂丘らっきょう漬」への応募数は、577通でした。多数のご応募ありがとうございました。

【プレゼント紹介】

 鳥取県と言えば梨。特に「二十世紀梨」が有名で、「なつひめ」や「新甘泉」など、たくさんの種類の梨がありますが、今回は2008年2月に品種登録された「涼月(りょうげつ)梨」をお届けいたします。

130812_01

 この「涼月梨」は、大玉で形も肌もきれいな青梨です。

 果肉は緻密でやわらかく果汁が多く、二十世紀梨より甘みがあり適度な酸味もある新品種です。

 8月中旬~9月上旬が旬ですので、一番おいしい時期にお届けいたします。

 生産量が少なく、市場にあまり出回らないので、この機会にご賞味ください。

6月のプレゼント

 JAグループ鳥取のホームページでは、県産農畜産物や加工品などを抽選でプレゼントしています。

 6月のプレゼントは、JA鳥取いなば特産「砂丘らっきょう漬」詰め合わせを抽選で7名様にプレゼントします。

 なお、5月の大山乳業の「牧場便り」への応募数は、1,980通でした。多数のご応募ありがとうございました。

【プレゼント紹介】

 鳥取といえば「鳥取砂丘」ですが、鳥取県の海岸部に広がる砂丘地帯で近代的な灌漑技術によりらっきょうやながいもなどの畑作農業が盛んです。

 今月は、これから旬を向かえ、全国的に広く認知されているJA鳥取いなばの特産「砂丘らっきょう」を100%使用した、健康食品としても名高い「砂丘らっきょう漬」をお届けします。

 らっきょう加工センター長おすすめの3種類の味(甘酢漬、梅酢、しょうゆピリ辛)の詰め合わせとなっておりますので、色々な味の違いをご堪能下さい。

 JA鳥取いなばの「砂丘らっきょう漬」は、合成甘味料・保存料・漂白剤等を一切使用せず、天然由来の原料のみを使用したこだわりの逸品です。

 詳しくは、「JA鳥取いなばのええもん届ける便」の「砂丘らっきょう漬」の魅力が満載のページ(http://www.jainaba.net/SHOP/109004.html)をご覧下さい。

130607_present

■らっきょうの1年■

 全国的に有名な鳥取県の砂丘らっきょう。らっきょうは一体どんな一年を過ごしているのでしょうか。少しご紹介いたします。

  • 植え付け(7月下旬から8月末)
    真夏の暑い中、1玉1玉手作業で行う大変な作業です。一人で一日平均1万球も植え付けます。
  • らっきょうの花(10月)
    らっきょうの花をご覧になったことがありますか?秋になると紫色の花が一斉に咲きます。写真でなくぜひ現地でその絶景をご覧になっていただきたいです。
  • 風雪に耐えるらっきょう(12月から2月)
    冬の日本海から吹き付ける厳しい風雪に耐え、じっと春を待ちます。冬が厳しいほど、色白で堅く引き締まったらっきょうに育ちます。
  • 収穫(翌年5月から6月)
    この時期になると一気に掘り起こします。今は機械で行いますが、以前は全て手作業でしたので、とても重労働でした。
  • 出荷

    掘り起こしたらっきょうは「根つきらっきょう」と「洗いらっきょう」の2通りで出荷されます。夏は暑く冬は寒い過酷な条件で育ったらっきょうたちは、やっと出荷され、みなさんの元へ元気に旅立っていくのです。

■らっきょうの効果・効能■

 古くから漢方薬の主成分として用いられてきたらっきょうは、ビタミンB1を活性化させるアリシンを含む健康食品です。「1日4粒で血液サラサラ!」などテレビでも紹介されました。ついつい食べてしまうらっきょう…。いろいろな漬け方・食べ方にチャレンジしてみてください。

 

5月のプレゼント

 JAグループ鳥取のホームページでは、県産農畜産物や加工品などを抽選でプレゼントしています。

 5月のプレゼントは、「生産者の顔が見える牛乳」にこだわり、乳質の成績が全国でもトップクラスの良質の乳を出荷している大山乳業農業協同組合より人気商品となっています、「牧場便り」(生クリームヨーグルト10個とチーズケーキの詰め合わせ)を抽選で5名様にプレゼントします。

 なお、3月のJA鳥取中央特産「神倉大豆の加工品詰め合わせ」への有効応募総数は723通でした。多数のご応募ありがとうございました。

 130501_present

【プレゼント紹介】

 大山乳業農業協同組合は、県内のすべての酪農家で組織されている専門農協です。自らが生産した生乳を処理し、販売するという一貫体制のもと、安全でおいしい牛乳を「白バラ牛乳」としてお届けする、消費者と直結した農協です。

 今月のプレゼントは、そんなこだわりの「白バラ牛乳」をふんだんに使用した、生クリームヨーグルト10個とチーズケーキの詰め合わせの「牧場便り」をお届けします。

 生クリームヨーグルトはなめらかな口溶けで表面に濃厚なクリーム層が分離するのが特徴です。

 チーズケーキはじっくり蒸し焼きしたスフレタイプになっています。

カウィー

 大山乳業農協では、こだわりのおいしい白バラ製品を工場からお届けする「大山乳業農協直営ネットショップ」(http://cowyshop.jp/)を運営されています。是非、一度、訪れてみて下さい。「カウィー」がお待ちしてます。

 

3月のプレゼント

 今月は、JA鳥取中央が昨年末に新発売しました、『神のつぶ』(納豆)&『神のしずく』(豆乳)をセットにして、8名様にプレゼントします。

 present_130308_01

※ 1月プレゼントの食のみやこ鳥取わったいな「手作りジャム詰め合わせ」には、有効応募総数834通のご応募を頂きありがとうございました。

present_130308_02

【プレゼント紹介】

 

今月のプレゼントは、三朝町神倉(かんのくら)集落で昔から代々栽培されてきた「三朝神倉大豆」だけを使用した、「神のつぶ(納豆)」(3パック×2個)と「神のしずく(豆乳)」(500ml×2本)をセットにしてお届けします。なお、商品は要冷蔵ですので、“クール便”でお届けします。

三朝町は、鳥取県中部に位置し自然豊かな地域で、国宝「投入堂」や三朝温泉が有名ですが、おいしいお米作りでも有名です。

大豆は、「畑のお肉」と言われるように、植物性タンパク質などの栄養素が豊富な豆類です。三朝神倉大豆は、一般的な大豆に比べて、大粒で、イソフラボンが抱負に含まれています。

「神のつぶ」は、大豆の旨味を存分に味わっていただける納豆です。

「神のしずく」は、大豆と天然水のみで作った飲みやすい豆乳です。そのまま飲んでも頂いても美味しいですが、1本分の“にがり”をお付けしてますので「おぼろ豆腐」にして、お召し上がりいただけます。

≪お店紹介≫
こだわりの大豆で作られている商品として、以下のお店で取り扱われています。
○ JA鳥取中央 「直売所各店」
(ホームページ:http://www.ja-tottorichuou.or.jp/main/ )
○ 食のみやこ鳥取「わったいな」
(ホームページ:http://www.shokunomiyako.com/ )
○ 食のみやこ鳥取プラザ(東京都港区新橋 アンテナショップ)

(ホームページ:http://www.pref.tottori.lg.jp/plaza/ )

 

1月のプレゼント

 今月は、鳥取県の食の台所として、県産食材がズラリと並ぶ「食のみやこ鳥取・わったいな」の、果物や野菜などの手作りジャムコーナーより、「手作りジャム詰め合わせ」(4本入り)5名様にプレゼントします。

 130129_01
【わったいな店内の手作りジャムコーナー】

※ 12月プレゼントのJA鳥取西部「白ねぎ」+ガイナックス「ネギマンストラップ」には、有効応募総数768通のご応募を頂きありがとうございました。

130129_02
【一押しのバラジャム】

【プレゼント紹介】

 今月のプレゼントは、食のみやこ鳥取・わったいなの出荷者が季節の果物や野菜を材料に手作りしたジャムを並べたコーナーの中から、チョイスしました。中でも、一際目を引きます「バラジャム」をメインに、かぼちゃ・柿・キウイ・ニンジン・ブルーベリー・さつまいも・生姜などから、合計4種類(バラジャム+3種類)をお届けします。

 ちなみに、「バラジャム」は、鳥取県の青谷町で、無農薬&愛情いっぱいに栽培されたバラの花びらを原材料に作られています。ジャムの色や香りは、全て花びらから出た自然のものです。そのままパンなどに載せて食べていただいても結構ですし、紅茶や焼酎などに入れてバラの香りを楽しんで下さい。

≪チョットひとこと≫
・“JAM”という英語の語源は、「グチャグチャかむ」という意味の“CHAM”という古い方言であるといわれているそうです。
・“JAM”を辞書で調べると、「果物などを煮詰めたもの」「混雑」(名詞)、「押しつぶす」「詰めこむ」(動詞)など、幅広い意味があります。
・ジャム(英語:jam)は、果物の果実や果汁に重量比10%から同量程度の砂糖や蜂蜜を加えて加熱濃縮し、保存可能にした食品の1つです。仏語ではコンフィチュール(confiture)、独語ではコンフィテューレ(Konfiture)と言います。(出典:ウィキペディア)

12月のプレゼント

 今月は、JA鳥取西部の特産、甘くとろける食感のおいしい「白ねぎ」(3㎏×1ケース)に、米子市に突如として現れた謎の怪人”ネギマン”のぬいぐるみストラップをセットして5名様にプレゼントします。

 JA鳥取西部”白ねぎ料理研究会”が考案したオリジナルレシピ集も同梱します。白ねぎは様々な料理で大活躍します。今年の冬は、おいしい白ねぎをたっぷり味わって、元気に過ごしましょう♪

 121214_01

 なお、10月プレゼントのJA鳥取いなば「あんぽ柿」は、有効応募総数518通でした。多数のご応募を頂きありがとうございました。

【プレゼント紹介】

 鳥取県は西日本一の白ねぎ産地です。その7割が、中国地方の最高峰”大山”の麓の県西部地区(JA鳥取西部管内)で栽培されています。

 大山の肥沃な土壌を利用し、海浜部から山間部まで栽培されており、日本唯一の周年出荷体制を確立しています。

 白ねぎは寒さにあうほど美味しさ(甘さ)を増します。大山の冷涼な風土で育った白ねぎは甘みが強く柔らかなのが特徴です。

 これから冬本番を向かえ、鍋料理の季節となりますが、甘く、とろけるように柔らかい白ねぎを是非ご賞味下さい。

≪ネギ来グルメスタンプラリー≫

○ 実施期間: 10月20日~12月31日
○ 実施概要: 白ねぎ認定店(米子市内21店)で食事をするとスタンプがもらえます。3つ集めて応募。抽選で豪華景品をプレゼントします。
○ 豪華景品: A賞:「白ねぎ料理の店」共通お食事券・・・20名様

B賞:鳥取和牛500g・・・・・・・・・・15名様
C賞:鳥取県西部産 野菜詰め合わせ・・・・20名様
D賞:鳥取県西部産 こしひかり・・・・・・15名様
E賞:弓浜産 本格芋焼酎・・・・・・・・・10名様

※ 詳しくは、チラシ(PDF)をご参照下さい。

≪白ねぎオススメレシピ「白ねぎ将軍鍋」≫
 鳥取県西部特産の白ネギを使った「将軍鍋」は、主婦による「白ねぎ料理研究会」が開発した、白ネギの”しゃぶしゃぶ”です。

 白ネギのシャキッとした歯応えの後、口の中いっぱいに広がる甘みと風味がたまらない鍋料理の一つです。

 ユニークなネーミングの由来は、鍋の脇役になりがちな白ネギを主役にしようという発想で、白ネギを「将軍」、他の具材やハマチ、アジなどの青魚を混ぜた薬味を「家来」と呼んでいます。

 ※ 詳しくは、「JA鳥取西部」・「食のみやこ鳥取県」等をご覧下さい。

≪”ネギマン”とは?≫
 ネギマンとは、鳥取県米子市にて開催される映画とポップカルチャーの祭典「米子映画 事変」をPRするために制作された、地産地消(?)地域密着型特撮短編映画に登場する謎の怪人のことです。

 ※ 詳しくは、「ネギマン」をご覧下さい。

10月のプレゼント

 121029_01

 JAグループ鳥取のホームページでは毎月、県産農畜産物や加工品などを抽選でプレゼントしています。

 今月は、JA鳥取いなばの特産、秋の味覚「西条柿」を加工した、「西条あんぽ柿」(3個入り×6パック)を5名様にプレゼントします。

 なお、9月プレゼントの鳥取県畜産農協「美歎牛カレー」は、有効応募総数723通でした。多数のご応募を頂きありがとうございました。

≪ところで「あんぽ柿」の由来は?≫
柿の皮を剥いて連(れん:柿を干すための縄)にさげて天日で乾燥した干し柿を、江戸時代には天干し柿(あまぼしがき)と呼んでいたため、これが「あんぽ柿」という名称の由来と推察されている。
(Wikipedia(ウィキペディア)より引用)

【プレゼント紹介】

 JA鳥取いなばの特産品「西条柿」は、鳥取県全体の出荷量の約8割を占めており、全国でも有数の生産規模を誇っています。

 「西条柿」は、本来は“渋柿”ですが、ドライアイスで渋抜きをすることにより、糖度が20度に達するほどの甘みの強さと上品な肉質となり、素晴らしい食味を表現する「西条あんぽ柿」に生まれ変わります。

 JA鳥取いなばでは、干し柿にすると固くなってしまうところを、西条柿の独特の柔らかみを残したままの「半生」の状態で、「西条あんぽ柿」としてお届けしています。

 渋抜きして皮を剥いて乾燥しただけの、無添加のあんぽ柿で、中がトロッとして甘~い「西条あんぽ柿」が今年も出来上がりました。

【商品のお問い合わせ先】

≪広めよう「いなばの旬」のすばらしさ(^^♪≫
JA鳥取いなばのええもん届ける便
〒680-0942 鳥取県鳥取市湖山町東5丁目261番地
JA鳥取いなば営農部直販推進課(Tel:0857-32-1143/Fax:0857-32-1140)
<E-mail:todokeru@jainaba.net><http://www.jainaba.net/

121029_02

9月のプレゼント

 今月は、鳥取の大自然の中で育てた安全・安心・良質な牛肉を届けている鳥取県畜産農協の、こだわりの素材に使用した「米そだち美歎牛(みたにぎゅう)カレー」(200g入り×5個セット)を5名様にプレゼントします。

 なお、7月プレゼントのJA鳥取西部「日南トマトジュース」は、有効応募総数422通、8月プレゼントのJA鳥取中央「東郷二十世紀梨」は、有効応募総数1048通でした。多数、ご応募頂きありがとうございました。

【プレゼント紹介】

120924_01120924_illust

 今月のプレゼントは、鳥取県畜産農協の「美歎牛の赤身肉」、県産の「白ねぎ」、大山乳業の「白バラ牛乳」を使用して、スパイシーで辛めの味付けに仕上げられた、鳥取県畜産農協の人気商品です。

 鳥取県畜産農協は、鳥取県東部に位置し、酪農・肥育を中心に、生産から加工・流通・販売まで一貫した品質管理で、消費者に牛肉や加工品をお届けしている畜産専門農協です。
 特に、食の安全・安心については、ISO22000取得による検査体制が確立され、HACCP対応の最新食肉加工施設により、万全の衛生管理体制が整備されています。

 牛肉というと、まず鮮やかな赤身にとろけるような脂肪を散りばめた霜降り肉を思い浮かべますが、カレーに使用されている『米そだち牛』は、やや趣が異なります。口あたりが柔らかな霜降りや見た目の豪華さよりも、牛肉本来の赤身のおいしさを追求しています。

 そもそも、『米そだち牛』とは、地域のきずなと活力を育む象徴的な存在として、休耕田で生産された飼料稲や飼料米を活用した混合飼料で育てた牛です。
 まさに、農畜産業の資源を有効活用した”循環型畜産”を実現するものです。

【全国に広がる飼料稲や飼料米の取り組みの先駆けとなった米そだち牛】

 生産者と消費者が、『100年先まで続く日本の食』を一緒に考えました。

120924_02

8月のプレゼント

 8月のプレゼントは、秋の味覚の王様”二十世紀梨”です。
 ”二十世紀梨”と言えば、日本一の生産を誇る湯梨浜町ですが、生産者の弛まぬ努力と工夫により、湯梨浜町で作られるようになってから百年の歴史を刻み、湯梨浜町の特産品として、鳥取県の特産品として、その名を全国に馳せています。

 今月は、秋の味覚の王様「二十世紀梨(2㎏箱)」を抽選で5名様にプレゼントします。

【プレゼント紹介】

present_120817_01

 梨といえば鳥取県。二十世紀梨は、明治37年に千葉県から導入されてから、100年以上の歴史があり、湯梨浜町の特産品であり、鳥取県の特産品です。

 二十世紀梨は、青梨系の代表品種で、甘みと酸味のバランスが絶妙であり、スッキリとした味わいで果汁も豊富で、シャキシャキとした食感が特徴の果物です。

 8月1日には、JA全農とっとりによる「ハウス栽培・二十世紀梨」の査定会が湯梨浜町で開かれました。春先の低温や強風被害、そして昨今の猛暑の影響で生育が心配されましたが、生産者の努力により玉太り、糖度、見栄えとも良い仕上がりで、6日には初販売されました。

 現在、露地栽培の「二十世紀梨」の生育も順調で、8月末頃の初販売に向けて、生産者の方々は猛暑を乗り切るために、かん水作業などの最後の仕上げに汗を流されています。

 二十世紀梨は、非常に水分が多い果物で、ショ糖・果糖に加えてリンゴ酸・クエン酸なども含み、夏バテ気味の体に適度な水分補給と疲労回復にも役立つと言われています。

 シャリ感があって、とってもジューシーで、甘みのバランスが取れた独特の食味の二十世紀梨を、是非ご賞味下さい。

present_120817_02

※二十世紀梨などの情報満載の「東郷ナシ選果場ホームページ」も、是非ご覧下さい。 http://www.togo-kudamono.com/

7月のプレゼント

 7月のプレゼントは、夏本番を向かえるにあたり、夏野菜の定番のトマトの加工品です。
 県内最大の夏秋トマトの産地、日南町。島根・広島・岡山に隣接し、自然豊かな清流に恵まれた土壌で、準高冷地で栽培されるトマトは、昼夜の寒暖差が大きく甘みが強く、「日南高原トマト」として、全国的にも評価が高いブランドトマトの一つです。
 生産者が丹精込めて育てた真っ赤なトマトを、県内外へ出荷しているほか、地元の加工場で「トマトジュース」「トマトケチャップ」「焼肉のたれ」などが作られています。
 今月は、その中でも人気商品となっています、「トマトジュースの詰め合わせ」を抽選で5名様にプレゼントします。

 なお、6月プレゼントの大山乳業農協「バウムクーヘンとバナナバターケーキの詰め合わせ」への応募総数は558通でした。多数のご応募ありがとうございました。

【プレゼント紹介】

 鳥取県日南町は、冷涼な気候と清澄な水に恵まれた地域で、農作物はどれも驚くほどクオリティの高いものばかり。そんな「日南ブランド」の代表ともいえるのがトマトです。

 日南町のトマトは知る人ぞ知るまさに「隠れたブランド」で、太陽のパワーをそのまま閉じ込めた宝石のようで、食べるのが少し勿体ないほど、鮮やかできれいな色をしています。
その味は、一口かじると、まるでフルーツのような甘味が口全体に広がり、わざわざ県外から購入に来られるほどです。まさに畑が生んだ芸術品といえるかもしれません。

 通常、トマトは青い実の段階でもぎとられます。トラックで各店舗に運ばれ、店頭に並ぶときに真っ赤に熟した状態にするためです。そのため、熟れすぎたトマトは規格外として、通常の流通には乗りません。本当は、これが一番おいしいと思うんですが・・・。

 この美味しいトマトをなんとか消費者に届けられないものか。たとえ規格外であっても、農家の人にとっては、大切に育ててきた子供のような存在。
 試行錯誤の末に、規格外のトマトを使った「トマトジュース」「トマトケチャップ」「焼き肉のたれ」などの加工品が日南町のトマト農家さんによって開発されました。
 既に完熟しているトマトはそのままでは売り物になりませんが、ジュースや ケチャップの素材としては最高の状態なのです。

 

6月のプレゼント

 6月のプレゼントは、「生産者の顔が見える牛乳」にこだわり、乳質の成績が全国でもトップクラスの良質の乳を出荷している大山乳業農協の人気商品「バウムクーヘンとバナナバターケーキの詰め合わせ」を抽選で5名様にプレゼントします。

 なお、5月のJA鳥取いなば特産「砂丘らっきょう漬け詰め合わせ」への有効応募総数は350通でした。多数のご応募ありがとうございました。

【プレゼント紹介】

present_120817_01 present_120817_01

 大山乳業農業協同組合は、全国でも稀な県内のすべての酪農家が一本となった農協です。自らが生産した生乳を処理し、販売するという一貫体制のもと、安全でおいしい牛乳を「白バラ牛乳」としてお届けする、消費者と直結した農協です。
 今月のプレゼントは、そんなこだわりの「白バラ牛乳」をふんだんに使用した乳製品をお届けします。
 バウムクーヘンは、大山乳業農協自慢の自家製バターとホイップクリームを使用し、しっとり感とやわらか感にこだわって仕上げられています。
 バナナバターケーキは、バナナジャムをバターケーキの生地に練り込み、ケーキ生地にはバターを約20%使用し、ラム酒とブランデーを加えることでしっとりと香り高い風味に仕上げられています。

 大山乳業農協では、こだわりのおいしい白バラ製品を工場からお届けする「大山乳業農協直営ネットショップ」http://cowyshop.jp/を運営されています。是非、一度、訪れてみて下さい。「カウィー」がお待ちしてます。

 

5月のプレゼント

 5月のプレゼントは、JA鳥取いなば特産「砂丘らっきょう漬」詰め合わせを抽選で5名様にプレゼントします。

 なお、4月の食のみやこ鳥取の「わったいなBOX」への応募数は、728通でした。多数のご応募ありがとうございました。

present_120817_01 present_120817_01

【プレゼント紹介】

 鳥取といえば「鳥取砂丘」ですが、鳥取県の海岸部に広がる砂丘地帯で近代的な灌漑技術によりらっきょうやながいもなどの畑作農業が盛んです。
 今月は、これから旬を向かえ、全国的に広く認知されているJA鳥取いなばの特産「砂丘らっきょう」を100%使用した、健康食品としても名高い「砂丘らっきょう漬」をお届けします。
 味は、定番の「甘酢漬け」や新発売の「醤油漬け」など、工場長おすすめの5種類を詰め合わせします。色々な味の違いをご堪能下さい。
 JA鳥取いなばの「砂丘らっきょう漬」は、合成甘味料・保存料・漂白剤等を一切使用せず、天然由来の原料のみを使用したこだわりの逸品です。
 詳しくは、「JA鳥取いなばのええもん届ける便」の「砂丘らっきょう漬」の魅力が満載のページ(http://www.jainaba.net/SHOP/109004.html)をご覧下さい。

 

4月のプレゼント

 4月のプレゼントは、食のみやこ鳥取「地場産プラザわったいな」から、旬の農産物や加工品を詰め合わせた「わったいなBOX」を抽選で5名様にプレゼントします。

 なお、3月の香取開拓農協の「のむヨーグルト」への応募者数は775名様でした。多数のご応募ありがとうございました。

present_120817_01 present_120817_01

【お店紹介】

 『地場産プラザわったいな』は、鳥取県の「食の台所」として昨年6月に鳥取県東部の鳥取港の近くにオープンした(株)食のみやこ鳥取の農産物直売所です。

 店内には、旬でおいしい鳥取県の農畜産物や加工品が勢揃いしています。
 また、食のみやこ鳥取には、県産の新鮮な食材をふんだんに使ったバイキング料理の『微笑みレストラン大国亭』や、クリーミー&滑らかな口どけが自慢のジェラート専門店『ジェラテリア・アンミラート』も併設しています。

 周辺には、「見て・ふれて・体験できる」カニが主役の小さな水族館『かにっこ館』や、鳥取港で揚がったばかりの鮮魚を販売する海のマーケット『海鮮市場かろいち』などもあます。

 ちなみに、「わったいな」とは、鳥取県東部地方の方言で、感動や驚きの「おお、すごい」という意味です。
 是非、一度、足をお運びいただき、様々な「わったいな」を体験して下さい。

 

このページの上へ